包丁

包丁は何本か持っているのですが やはりお気に入りの1本というのがあって 日々のお料理は
その包丁で間に合っています。
ちょっと切れ味が悪くなったら ちょいちょいっと研いだりしてその場しのぎで済ませていたのですが
刃先がちょっと欠けたということもあって 研ぎに出す事にしました。
ファーマーズマーケットでも研ぎやさんがあるし またキッチン雑貨のお店でも研いではくれるのですが
なんだかイマイチ・・・・・
やはり 包丁の切れ味でお料理のお味も違ってきます。
何よりも切れない包丁はかえって危ない。

今回は日本人の方に研いでいただきました。

TSUKIJI HITACHIYA USA
東京築地場外にある調理道具などの専門店が私の家の近くにあります。
日本へ帰国した折には こういったお店を覗くのが大好きなのですが
こちらへ持って帰りたいものが山ほどあっても荷物の制限があるのでなかなか・・・(涙)
しかし そんな夢のお店がアメリカのそれも我が家のそばにあるなんて!
もう 欲しいものだらけ!
ただ やっぱりお値段が・・・・
いつも指をくわえてためいきをついて帰ってきます。

"Sharpening a knife”とお店の前に書かれていたのできっと ここならきちんとしたお仕事をしてくれると
持っていきました。

20年ほど前にWilliam-Sonomaで買った
Zwilling J.A Henckelsのナイフ


c0266821_1345162.jpg





ちょうど私の手のひらにしっくりきて重さは若干重めですが このくらいの重さがないとかえって疲れるような気がして・・・
切れ味も勿論こだわりますが 毎日使うものですから自分に合ったものでないとね。
本当に丁寧なお仕事をしてもらって ナマクラ包丁も生き返りました^^
キャベツの千切りも青ねぎの小口切りも 気持ちがいいくらいきれいに切れます。
包丁を落とすだけでスパッと切れてくれるので ストレスなしです♪
以前は日本からも持ってきた『有次』の和包丁を使っていたのですが まず手入れが大変なのと和包丁をきちんと
研いでくれるお店もなかったので 結局しまいこんでしまいました。
どこにしまいこんだかも記憶にないのですが ちょっと家捜しして 研ぎに出そうと思っています。


お店でこんなものも発見!


c0266821_13234482.jpg



これは何かを言うと 備長炭の火おこし。
私 なぜか飛騨コンロを3つも持っているんです。
お客様がこられた時に 松茸やステーキを炭火で焼いて・・・なんて考えて日本からエッチラホッチラと
持って帰ってきたのですが 一緒に買った炭がなんともいやな臭いがして せっかくの松茸を
だめにしたことがあり その後備長炭を買ってきたのですが なんだか気持ちも失せて面倒になってしまい
すっかりお蔵入りしていました。
でも この火おこしをお店で発見したら また気持ちも復活^^
近日中に使ってみようと思っています。


禁断のお店(爆)に手をつけてしまった・・・・
でもお店の方がとてもよい方ばかりですので また覗きに行かせてもらおうと思っています。
[PR]
by cozytable | 2013-04-15 13:39 | お料理
<< 4月 お教室 山椒味噌 >>