7月 お教室



早いものでもう7月も終わりです。
7月は 夏らしく暑い日もあったりでちょっと体調を崩したりしていますが
無事にお教室を終えることが出来ました。

今月は夏休みということもあって 日本へ一時帰国されている方もいいらっしゃったりしましたが
新しい生徒さんがご参加くださったり また 出張クラスというのもあったりで夏だからこその
お教室となりました。
ですので 写真もたくさんアップしておりますので お楽しみ下さいませ♪

まずは 通常クラス
今月はタイ料理でした。



c0266821_08154186.jpg
スティッキー タイ ピーナッツオレンジチキン

オレンジジュースやマーマレードやタイ料理では欠かすことが出来ないピーナッツやフイッシュソースを使い スパイスもいろいろ入れて焼きました。
骨付きではないので 焼き上がりも早いです。



c0266821_08120352.jpg
タイチキンスープ

レッドカレーの辛さが暑い日にはピッタリ!
ライムジュースをたっぷり絞って入れました。
スープですので 今回はナンでいただきましたが ライスヌードルもいいですね。
この器はカフェオーレマグなのですが 一人分のスープの量にぴったりです。
私はあまり この器にはこのお料理って決めつけないで自由に使っています。
以外な使い方って お料理も違う表情をしてくれるので使い方を考えるのも楽しいです。


c0266821_08110842.jpg
フレッシュマンゴ サラダ


ドレッシングはライムジュースを使い酸味が利いているのですが その分マンゴの甘味が引き立ちます。
お野菜もカラフルなものをたくさん使ってみました。
サラダボウルは 大昔 アンティークショップで買ったキャンドルウィックのもの。
ビンテージなものだからと 飾っておくのは嫌いです。
バンバン使ってあげるのが一番だと思っています。
キャンドルウィックはかわいくて一時は結構 コレクションしていました。
大事には扱いますが 割れてしまうのは致し方ないこと。
なので 恐れず惜しまずどんどん使っています。


今月はレギュラーのお教室以外に 生徒さんからのリクエストでバーベキュークラスを出張で行いました。

c0266821_08123314.jpg
海のすぐそばのお宅でのBBQ❣
LAらしい素晴らしいロケーションです💛


c0266821_08104563.jpg
使い勝手がバツグンなグリルが 今回とてもいい仕事をしてくれました。

まずは テーブルセッティングから・・・

c0266821_08130918.jpg
今回のテーマは『ハワイアン』
ということで生徒さんもこんな感じです♪



c0266821_08123788.jpg
今回は生徒さんには宿題をお出ししていました。
今までお教えしたレシピの中から私が選んで くじ引きで一人一品を作ってくること。

c0266821_08125144.jpg
スパイシーカリフォルニアシュリンプスタック
すし飯に アボカド、エビ、きゅうりなどちょっとスパイシーなソースを使って順番にごはんの上に重ねていきます。
お教室ではセルクルでお皿の上で抜いたものだったのですが 今回は割れなくて捨てられる容器ということで
このようなコンテナーに詰めていただきました。
お味も良くてきれいでした💮



c0266821_08103765.jpg
スパイシーケールとキノア、ブラックビーンズサラダ

BBQにはビール、ビールにはピッタリのパンチの利いた大人のサラダ。
このコンテナーのリッド(蓋)はドーム型で穴は開いていません。
ドレッシングは別容器に入れてあり いただく時にドレッシングを入れてシャカシャカとシェークしていただきます。
レシピよりも分量を多めに作らなくてはならないので なかなか味が決まらなかったと生徒さんが お味を心配されていましたが
とってもいい感じでしたよ💮

セビーチェは どうしてもBBQ はお口の中が脂っこくなるので ライムの爽やかさがとても良かったです。
これも 作り方は簡単ですが 華やかでテーブルが明るくなります。
おいしかったですよ💮

あと ミルクゼリーやパーミジャーノワンタンクラッカーなども作っていただいたのですが
今回はすべて生徒さんが撮ってくださったお写真に頼ってしまって 私自身撮らずにいました。
ごめんなさい!
お教えすることで頭がいっぱいで大変失礼いたしました。
両方とも 可愛くておいしくて上出来でした💮


さて ここからはお教室です。
よくあるBBQ で焼くお肉やおやさいなどではなく お教室らしくちょっと珍しいものを。

まずは ステーキ。

c0266821_08130566.jpg
お肉はニューヨークステーキ。
お味付けはテキサススタイルにしました。
ターメリックやチリパウダー、ブラウンシュガーなどたくさんのスパイスをブレンドしたお手製シーソニング。
ブラウンシュガーを使うとお肉が柔らかくなります。
焼く40分ほど前にお肉にしっかりまぶしておいてから焼きます。


焼きあがって切り分けたもの

c0266821_08124163.jpg
パーフェクトなミディアムレアに焼きあがりました。
柔らかくて すごくジューシー💛
アメリカのお肉は固くって・・・なんておっしゃる方がいらっしゃいますが これを食べたらちょっと見方が変わるかも。


c0266821_08124777.jpg
奥に見えるのがロブスターテール。
アメリカのレストランだと素焼きにしていただく時にバターを溶かしたものにつけて食べるという
とてももったいないというか せっかくの高価なロブスターテールが・・・・涙

まずはロブスターテールの下ごしらえからお教えしました。
ロブスターテールなんて 普段のご家庭のお料理ではまず食べる機会が少ないので
殻からうまく外すやり方をお教えし 生徒さんにもトライしていただきました。
焼く時はアルミのコンテナーにバター、レモンジュース、ニンニク、パセリのみじん切りをいれてグリルでゆっくり溶かします。
そしてロブスターを殻ごと乗せてソースを塗っては焼き 塗っては焼きを繰り返します。
その時に先ほど レモンジュースを絞ったレモンも焼きます。
そして 焼きあがったら そのレモンを絞るとまたたっぷりのレモンジュースが出たものをかけます。



c0266821_08104971.jpg

c0266821_08125448.jpg

自画自賛ですが 人生で一番おいしいロブスターテールでした‼
身が甘いっ!
ジューシーだ‼
感激モノでしたよ。


そして クラム

c0266821_08124477.jpg
ワイン蒸しにしました。
ホワイトワイン、バター、にんにく、エシャロット、レッドチリペッパークラッシュなどを入れてグリルで蒸しました。
もう 最高のジュースがたっぷり!
「パスタが食べたいっ!」とおっしゃって方は余ったもので 翌日パスタにされたそうです。
そりゃおいしいよね~~💛


BBQでのお野菜と言えば コーンだったり玉ねぎだったりズッキーニだったりしますが
今回はロメインレタスを焼きました。
「えっ!ロメインレタスを焼くのですか?」とちょっと驚かれましたが 簡単なのにすごくおいしいです。

c0266821_08125898.jpg
ロメインレタスを縦半分に切ったら切り口にたっぷりのオリーブオイルを振りかけ塩胡椒、ガーリックパウダーを振って焼きます。

c0266821_08130118.jpg
両面焼いてしんなりしたらお皿に取り パーミジャーノチーズを振っていただきます。
ただ これだけなんだけれど おいしい!
定番のお野菜もいいですが ロメインレタス いいですよ♪


普段のお教室と違って材料や道具を持っていかなくてはならなかったですが
大変だったというよりも 楽しかった‼
今回 こういうスタイルでのお教室は初めてだったので なにかと反省点も多かったですが
またやりたいです。
お声がかかれば 参上いたします💛

まだ夏は続きます。
今年の夏も思い出いっぱいの夏に いたしましょうね♪









[PR]
by cozytable | 2018-07-29 02:25 | 今月のお料理教室 | Comments(0)
<< 家庭料理 冬瓜のくず餡かけ 家庭料理 鶏つくね鍋 >>