家庭料理 冬瓜のくず餡かけ

c0266821_08045059.jpg

『冬瓜(とうがん)』と書きますが 夏のお野菜。
中華料理ではスープなどでよく使われる食材ですね。
私の母は京都生まれの京都育ち。
京都の夏というのは とんでもなく暑いので 昔からその暑さを少しでも和らげるような工夫を衣食住を通して 工夫されています。
大粒の汗をかきながら頂くのですが 食べ終わってから ちょっとそよぐ風がとても涼しく感じます。

子供のころ 夏の暑い日には この 冬瓜の熱々の冬瓜のくず餡かけを作ってくれました。
子供のころはそんなに好きな食べ物ではなかったのですが 大人になってから 特にこの歳になるとこんな優しいお味は
心身ともホッとさせてくれます。

がっ!!
暑がりで東京育ちの主人にはこの風流さが分からず 「これは罰ゲームか?!」と・・・・爆
なので 冷たく冷やしたものにしました。
冬瓜って夏野菜ですので体を冷やす作用があるそうです。
夏場にはピッタリですね。

<材料>
冬瓜・・・小さいもの1/4個
だし汁・・・・1000㏄

<調味料>
薄口しょうゆ・・・大さじ11/2
酒・・・大さじ3
塩・・・小さじ1
みりん・・・大さじ2

<水溶き片栗粉>
片栗粉・・・大さじ2
水・・・大さじ31/2

おろししょうが・・・適宜

<作り方>
1.冬瓜は皮を集めに切り取りワタと種をスープですくって取り 2センチくらいの厚さの薄切りにする。
2.鍋にだし汁を温め 冬瓜を加え 中火で7,8分煮る。
3.調味料を加えて4分ほど煮て 冬瓜が柔らかくなったら 水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
4.粗熱が取れたら 冷蔵庫でしっかり冷やす。
5.器に注いだら おろししょうがを乗せて いただく。

この器は本来 マティーニのグラスなのですが とても使い道が多くて大好きなものです。
このように冷たいスープを入れたり カクテルシュリンプに使ったり 冷酒もこれで・・・
下のグラスに氷をいっぱい入れるので上は氷が解けても水っぽくならないし 冷たいまま。
見た目も涼しそうでしょ。
お気に入りです。

もうじき8月 夏本番。
ちょっとお料理を工夫して 涼しく また元気になれるようなものを作っていきたいと思っています。






[PR]
by cozytable | 2018-07-31 08:44 | 家庭料理 レシピ付き | Comments(0)
<< 家庭料理 鶏レバーとこんにゃく... 7月 お教室 >>